恵方巻きの食べ方のルールは?目はつぶるの?食べる時間は?

恵方巻の食べ方のルール

恵方巻きを食べるとき、決まった方角を向いて食べる以外にはどんなルールがあるのでしょうか。
一般的なルールや、ローカルルールについてお伝えします。

スポンサーリンク

恵方巻きの食べ方のルールは?

ルールは様々ありますが、巻き寿司を切らずに(=縁を切らない・福を巻き込んでいるから切ったらダメ)、恵方に向かって、お祈りしている間は無言で食べる、というのが基本です。

無言で一本食べ切らなくても、お祈りさえ終われば話をしてOK。

無言であれば良いので、口を離しても大丈夫です。
お茶やお味噌汁を飲んで休憩してもかまいません。

「食べ終わるまではひたすら無言」とする場合もあります。

どちらでも間違いではないので、好きな方を選びましょう。

現在、スーパーや各コンビニで売られる恵方巻きは、丸かぶりするとアゴが疲れてしまいそうな太さ。

昔ながらの「恵方巻き」はもっと細めの短いもの。

家で作る場合は、食べやすい大きさにすると良いでしょう。

具は、七福神にちなんで7つ。
かんぴょう、しいたけ、でんぶ、三つ葉やきゅうり、卵焼き、高野豆腐、あなご又はうなぎが代表的な具材です。

ごぼう煮や水菜、昆布などでもOK。売り出されている太巻きのような、豪華な具材は特別必要ではありません。

スポンサーリンク

7つ具が入っていればOKという事で、最近ではロールケーキの恵方巻き、恵方ロールもあります(^_^;)

邪道な感じもしますが、お寿司が苦手とかであれば、ロールケーキもアリではないでしょうか。

恵方巻の食べ方〜食べるとき目をつぶるの?

食べるときは目をつぶっても、開けても、どちらでもOKです。

「目をつぶって食べる」と説明書きがあることがありますが、恵方巻きが流行る以前から食べている人には、目をつぶらず食べる人もいます。

ちなみに、「笑いながら食べる」というのもありますが、これはローカルルールとしてあるのか、それとも「初物を食べるときは笑いながら食べる」と混じったのかは不明です。

基本的には、上記の通り、お祈り中は黙って食べます。

恵方巻きの食べ方〜時間に決まりはある?

独自のルールとして、夜8時に…等決めて食べているお家もありますが、時間の決まりは特にありません。

大学生のとき、研究室のみんなや先生(関西出身)と食べたことがありますが、その時は昼間でしたね〜。

昼間に食べる、という決まりがあるとかではなく、たまたま昼間に食べた、というだけです。

恵方を向いて、お祈り中だけ黙って、目は開けて食べました。

家族で食べるなら、夕飯時が良いでしょう。

まとめ

ローカルルール含め、色々とルールがありますが、行事を楽しむのが一番。

自分が良しとする方法で恵方巻きをいただきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ