K2シロップの与え方★吐いた・飲み忘れた時はどうする?

K2シロップ

ビタミンKの不足による出血リスクを抑えるために、赤ちゃんに与えるK2シロップ。

与え方のコツ・注意点と、吐いた時・飲ませ忘れた時の対処をまとめました。

スポンサーリンク

K2シロップの与え方と注意点は?

ビタミンK2シロップは、確実に飲ませてあげるためにも、授乳前などの空腹時の、哺乳意欲が高いタイミングで与えるのがベスト。
赤ちゃんがスムーズに飲んでくれやすいです。

シロップをしっかり飲んだことを確認するためにも、母乳やミルクに混ぜたりしないようにしましょう。

また、スティックから直接飲ませると、赤ちゃんの唇を傷つける恐れがありますので、スティックの封をあけて、小さなカップやスプーンなどに移して飲ませてあげるようにしましょう。

哺乳瓶をお持ちの場合は、乳首にシロップを入れて吸わせてもOKです。

K2シロップを吐いた時はどうする?

赤ちゃんがK2シロップを飲ませて2時間以内に吐き戻してしまった場合は、次回の分を飲ませましょう。

足りなくなった分は、病院でもらいなおします。

スポンサーリンク

飲ませてから2時間を超えている、吐いた量がわずかな場合は飲ませ直さなくても大丈夫です。

こぼしてしまった場合も、次回の分を飲ませるようにしましょう。

判断に迷う場合は、シロップをもらった病院に相談するのが確実です。

K2シロップを飲み忘れた時はどうする?

昨日がK2シロップを飲ませる日だったのに、忘れてしまっていた!

そんな時は、気付いた段階でK2シロップを与えて大丈夫です。

毎週月曜日にあげるスケジュールだった場合、飲ませ忘れで1度火曜日に飲ませたとしても、次回からはまた月曜日に飲ませてあげます。

かなりの日数飲ませ忘れていた場合は、シロップをもらった病院の判断を仰ぎましょう。

まとめ

K2シロップは3ヶ月間、1週間ごとに投与する必要があります。

カレンダーに書き込んでおくと飲ませ忘れの防止になります。

産院によっては与え方のスケジュールの紙をくれるので、いつも目にする場所に貼っておくといいでしょう。
スマホのカレンダーに3ヶ月間のスケジュールを入れておくのもオススメです。

スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ