去年の日焼け止めは使える?未開封のままの期限は?冷蔵庫で保管OK?

日焼け止めの使用期限

去年の日焼け止めがたくさん余っている場合、
使っても問題ないのでしょうか。

開封済みの場合、未開封の場合をそれぞれご紹介します。

スポンサーリンク

去年の日焼け止めって使えるの?

どのような環境で保存していたかにもよりますが、
国内で作られた日焼け止めは、開封後1年は品質が保たれるように作られています。

ただし、高温多湿などの悪条件下で保管していた場合は
成分が分離している可能性が高いです。

日焼け止めは通常のコスメよりも強い成分でつくられていることが多いので、
劣化した成分がお肌に悪影響を与えることもあります。

1年を過ぎると日焼け止めとしての効果がなくなってしまうこともあるので、
1年たってしまった日焼け止めは、どんなに残っていても
捨ててしまって、新しいものを買いなおすのがよさそうです。

とくに、顔に使うものは新しく買ったものを使うことをおすすめします。

それでも使ってみよう、と思われる場合は、以下の3点を確認しましょう。

  1. 分離していないか
  2. 変色してないか
  3. 変なにおいがしないか

この3つが大丈夫だったら、腕などに塗ってパッチテストをしてみましょう。

日焼け止めは未開封のままだと期限はどれくらい?

未開封の場合は、高温多湿の場所に保管していなければ
2、3年くらいならば問題なく使えるように作られているものが多いです。

スポンサーリンク

オーガニックなどの肌に優しい日焼け止めは使用期限がもっと短い可能性があります。
メーカーによってはサイトに使用期限を書いてあるところもあるので、確認してみましょう。
書いていない場合は、問い合わせれば答えてくれます。

自己判断で使う場合は、上にも書いたとおり

  1. 分離していないか
  2. 変色してないか
  3. 変なにおいがしないか

を確認したうえで、パッチテストをしてから使いましょう。

日焼け止めは冷蔵庫で保管してもいいの?

日焼け止めを冷蔵庫に入れて保管すると、油分と水分が分離することがあります。

また、日焼け止めは常温保存することを前提として作られているので、
冷蔵庫からの出し入れによる温度変化や冷却により
日焼け止めジェル・クリームの質感が変ってしまうことがあります。

冷蔵庫に保管したからといって
開封した化粧品の使用期限が伸びることはないので、
なるべく高温多湿の場所を避けて保管するようにしましょう。

ただし、日焼け止めの中には冷蔵庫での保存をすすめているものがあります。
保存料を使わないオーガニック系のものは説明書きをチェックしてみましょう。

まとめ

毎年、日焼け止めがのこってしまってもったいないな~
という場合は、1シーズンで使いきれるくらいの小さな容器に入ったものを買うのがオススメです。

ただ、暖かくなってくると日焼け止めを塗らなきゃ!
という気持ちが強くなりますが、万全の紫外線対策を考えると、冬の間も塗るのがベスト。

5年後、10年後の美白&美肌のためにも、上手に日焼け止めを使っていきたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ