がごめ昆布の食べ方や栄養素は? あさイチ紹介のレシピも♪

がごめ昆布

話題のとろとろ昆布・がごめ昆布。

どんな食べ方がある?体にとってどんなイイ事があるの?

あさイチで紹介されていたレシピもご紹介します♪

スポンサーリンク

がごめ昆布の食べ方

がごめ昆布は、汁物に入れる・ご飯にかけて食べる
などの、「チョイ足し」として使うのが基本。

毎日の食事にも取り入れやすいですよね。

我が家も、お味噌汁に入れたり、おにぎりにまぶしたりが定番の食べ方です。

ただ、それだけでは飽きてしまうし、その食べ方では食べてくれない家族もいるかも・・・

そんなときのアレンジ法があさイチで紹介されていました。

★なめたけ和え
なめたけとがごめ昆布、ネギを混ぜるだけ
なめたけの水分でがごめ昆布がトロトロします。
他に味付けいらずで、ご飯にかけて食べれば食欲増進。

これは簡単にマネできてよさそう!

★揚げだし豆腐にかける
醤油・みりん・砂糖・赤とうがらしでタレを作り、水で戻したがごめ昆布と混ぜます。
10分ほど置いてタレと昆布を馴染ませ、揚げ出し豆腐にかけます。

この、がごめ昆布を水で戻す、というテクを覚えておくと、アレンジの幅が広がる予感ですね~。

水でもどしてトロトロ感をアップさせるときのコツは、昆布に水を加えて室温(25度)に置いておくこと。

1時間ほどで強い粘り気を出すことができます。

また、時間がないときは35度前後の人肌程度のぬるま湯につけて室温に置くと、戻し時間が30分に短縮できます。

★スープに入れる
お味噌汁だけでなく、スープにも◎
スープが少し冷めてからがごめ昆布を入れて仕上げるのが、ネバネバしすぎないポイント。

★冷やし中華のタレ
がごめ昆布は強い粘りが特徴ですが、お料理によってはその強すぎる粘りがネックになることも。

時間が経つと粘りがどんどん強くなり、最終的には昆布がガチガチに。

酢を入れると、粘りを抑えることができます。

がごめ昆布を少なめの水で戻します。

酢は全体の水分量の20パーセントがシェフのオススメ。

6分経って粘りが出てきた昆布に、酢が入った冷やし中華のタレを混ぜれば、時間が経っても絶妙なトロトロをキープすることができます。

スポンサーリンク

昆布のトロトロがタレを持ち上げてくれるので、薄味・減塩でも満足できそう。

がごめ昆布の栄養

昆布の粘りには、アルギン酸やフコダインという食物繊維が含まれています。

がごめ昆布は、とくにフコダインを多く含んでいるのが特徴。

フコダインには免疫機能のアップ・活性化が期待できます。

糖質とがごめ昆布を一緒に摂ると、食後の血糖値の上昇が緩やかに。

がごめ昆布の粘りが糖を抱え込むので、腸で少しずつ吸収するようになります。

この、糖質がゆっくり吸収されることを糖質スローオンと言います。

糖質制限をしたダイエットが今も流行っていますが、糖質を無理にカット・抑制すると、リバウンドしたり集中力がなくなって無気力になった、との報告もあります。

糖質を絶ってしまうのではなく、糖質を体にゆっくりと吸収させる食べ方・糖質スローオンを目指した方が、健康的にダイエットできそうです。

血糖値が下がると集中力が下がりやすくなりますが、血糖値の上昇が緩やかだと
集中力の低下を抑えられたり、間食の防止も期待できるとのこと。

がごめ昆布まとめ

いくらがごめ昆布がいいからと言って、食べ過ぎには注意。

また、甲状腺の病気で治療中の方は、お医者さんに相談して摂取するようにしましょう。
昆布にはヨウ素が多く含まれています。

甲状腺の病気の方は、ヨウ素の摂りすぎで機能が低下してしまう恐れがあります。

健康な人も、食べ過ぎると甲状腺の機能低下を招きます。

どんな食材でも、適量を摂取するのが大切。

昆布を毎日、大量に食べるのは避けるようにしたいですね。

がごめ昆布は、スーパーや百貨店での取り扱っています。
地域によってはあまり売られていないこともあるので、ネット通販が便利。
↓↓↓
楽天市場でガゴメ昆布をチェック

昆布のトロトロパワーを上手に食事にとりいれて、健康な体をキープしていきましょう♪

スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ