梅雨の憂鬱を解消するには?おすすめのアロマは?体調管理法は?

梅雨の憂鬱

雨が降りつづいて憂鬱な梅雨の時期。
気分を上げるにはどうすればいいのでしょうか。

雨の日の楽しい過ごし方や、梅雨の時期におすすめのアロマ、
じめじめに負けない体調管理の方法をお伝えします。

スポンサーリンク

梅雨の憂鬱を解消するには?

外にでるのがおっくうになる雨の日。
ならば、おもいっきり家の中で楽しむ方法を考えましょう。

雨の日の休日は思いっきりゴロゴロする日にしてみては。
シリーズ物のDVDを借りてきたり、
読みたかった本を読んだり。

ぬるめのお湯でゆったりと半身浴をするのもおすすめです。

じっとしているのが嫌いな人は、
家の中でできるヨガやストレッチで体を動かしてみては。
体調管理にも効果的です。

アップテンポの音楽を聞きながら、
普段は掃除しない場所を掃除するのもおすすめです。

とはいえ、ずっと引きこもっているわけにもいきません。
外出時にテンションを上げるために、
かわいい傘を買ってみましょう。

普段は落ち着いた色の服を選ぶ、という人も、
傘には思い切ってビタミンカラーや花柄などを選ぶことで
雨の日のお出かけが楽しくなりますよ。

梅雨におすすめのアロマはこれ!

爽やかな香り、リラックスできる香りをかぐことでも、
梅雨の憂鬱な気分を改善することができます。

中には、抗菌、浄化作用のある、
梅雨のじめじめ対策に効果的な香りもあります。

スポンサーリンク
レモン
フレッシュな香りが、梅雨のもやもやした気持ちを吹き飛ばしてくれます。
殺菌効果にも優れるともいわれます。
レモングラス
レモンのフレッシュさに加え、リラックスできる落ち着いた香り。
殺菌、抗菌作用に優れています。
ラベンダー
リラックスできる香りであることはご想像のとおり。梅雨のだるさを癒してくれます。
殺菌、抗菌にも優れています。
ローズウッド
ローズと名前がつきつつも、バラをベースとした樹木系の香り。
ローズほど甘くなく、落ち着きがある香りで殺菌効果があるといわれています。

湿気が多いと香りが満ちやすいので、
梅雨はアロマテラピーに最適な時期だったりします。

ぜひ、、お気に入りの香りを見つけてみてくださいね。

梅雨の体調管理はどうすればいい?

体調が悪いと、心もドンヨリしてきます。
いつも以上に体調管理に意識を向けましょう。

晴れた日は外に出かける
貴重な晴れの日には、インドア派さんも積極的に外に出るようにしましょう。
太陽の光を浴びることで、パワーを充電することができます。
体内時計が整うので、睡眠の質もよくなりますよ。
暑さ・寒さ対策を万全に
梅雨の時期は日によって、思った以上に寒い・暑いことがあります。
天気予報で気温をチェックしつつ、
脱ぎ着できるように羽織りものをもって出かけましょう。
ご飯をしっかり食べる
蒸し暑いと食欲がなくなりがちですが、
しっかり栄養をとらないと疲れやすくなってしまいます。
夏バテならぬ梅雨バテをしないためにも、3食しっかり食べましょう。

まとめ

雨の日ならではの楽しみを見つけようとすることで、
雨=憂鬱という考えを少しずつ変えることができます。

気持ちがふさぐと体調やお肌の調子にも影響するので、
できるだけポジティブに過ごしたいものですね。

スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ