肩幅が広い女性の水着の選び方は?髪型は?狭くする姿勢は?

肩幅が広い人の水着の選び方
肩幅が広いことにお悩みの人は、どんな水着を選べば肩幅が目立たないのでしょうか。
体型カバーをしてくれるおすすめの水着と髪型、
肩幅を広く見せないための姿勢についてまとめました。

スポンサーリンク

肩幅が広い女性の水着の選び方は?

肩幅を気にされている場合は、ホルターネックタイプの水着がおすすめです。
ポイントは、紐が太い・広いものを選ぶこと。
細いものを選ぶと、肩幅が強調されてしまいます。

また、肩ひもに縁取りのあるデザインも肩幅を目立たせてしまうので避けましょう。

フリル付きの水着はなで肩に見せてくれますし、
目線が肩幅にいかず胸元にいくのでオススメです。

フリルに抵抗がある場合は、胸元にリボンなどの目線を引くような
ポイントがある水着を選ぶといいでしょう。

もしくは、柄やフリル、リボンがあるボトムを選んでボトムを強調させると
目線を下に逸らすことができます。

海やプールで泳いでいない時は、
パーカーを羽織ったりバスタオルを肩にかければ
肩が隠れますし、紫外線対策にもなります。

肩幅が広い人にオススメな水着のときの髪型は?

髪型は全体的にボリューム感を出すようしましょう。
上の方から巻いて、ポニーテールなどの
アップスタイルにするのがオススメです。

スポンサーリンク

ポニーテールに抵抗がある場合でも、
あまり低い位置で結うと野暮ったい印象になるので注意です。

髪をしばるほどの長さがない場合は、大き目のバレッタをつけたり、
トップにボリュームを出すなどして目線を肩から逸らすようにしましょう。

肩幅を狭くする姿勢って?

姿勢を気をつけることでも、肩幅の見え方に差が出てきます。

ポイントは、背筋を伸ばしてあごを引くこと。

肩幅が広いことを気にしていると、無意識に猫背のような姿勢になることが多いのですが、
それよりも姿勢をよく保とうとすることで肩が後ろに引かれ、
前から見たときに肩幅がスッキリ見えます。

一度、じっくり鏡で姿勢チェックしてみましょう。肩幅の見え方の違いがよくわかるはずです。

まとめ

気になる肩幅を隠したい、ということに考えがいきがちですが、
自分の長所を活かす工夫をしてみることも大切です。

胸やくびれ、足など、自信がもてるポイントを強調すれば、そちらに目線がいきます。

せっかく水着をきるのなら、コンプレックスになる部分を隠そうとするとするよりも
堂々としていたほうが美しいものです。

こちらでご紹介した水着の選び方や髪型、姿勢を参考にして、思いっきり夏を楽しんでくださいね♪

スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ