彼氏の両親に挨拶する時の手土産は?服装は?話題はどうする?

彼氏の両親に挨拶

結婚の挨拶というわけではないけれど、彼氏のご両親に初めて会うときは、どのような手土産を持参すれば良いのでしょうか。

服装や、どんな会話をすればよいのかも気になるところ。

私の経験を交えながらお伝えします。

スポンサーリンク

彼氏の両親に挨拶する時の手土産は?

はじめて彼氏の両親に会うときには、手土産として自分の地元の名産品を持っていくのが定番。

ですが、彼氏と地元が同じであれば名産品にこだわる必要はありません。

彼氏に両親(とくに母親)の好みを聞いてみて、喜んでもらえそうなものを選ぶとよいでしょう。

手土産を選ぶときのポイントは、
★日持ちがすること

★自宅用としてはあまり買わない、少し高価なもの(3000円程度)

★自分が食べて美味しかったもの、もしくは名の知れたブランドのお菓子

さらに、小包装になっているとベストです。

少し高価といっても、かしこまった食べ物である必要はありません。

洋菓子が好きならば、クッキーやバームクーヘンなどの焼き菓子を。

和菓子ならば、羊羹やおせんべいなどが良いでしょう。

迷った時は、デパートで販売されているお菓子にすれば間違いがありません。

わたしもデパ地下に出向き、モロゾフのクッキーを手土産として渡しました。

ちなみに、熨斗(のし)はとくに必要ありません。

無地のしをすることもありますが、どちらかというと、贈り物のお返しとして使うことが多くみられます。

熨斗ではちょっと重たい感じがしますし(結婚挨拶なら別ですが)、リボンなどプレゼント用の包装をしてもらいましょう。

渡すタイミングは、挨拶が終わった後。

外で会う場合でも、最初に渡しましょう。

彼氏の両親に挨拶するときの服装は?

膝丈のきれいめワンピースにカーディガンorジャケットにストッキングが鉄板スタイル。

パステルカラーなどの優しい色を選ぶと、上品な明るさが出ます。

ですが、清潔感があれば、基本的にどんな服装でもOK。

私は、

L’EST ROSE(レストローズ)のアイボリーのワンピース
ペイトンプレイスのフリルやリボンがついた甘めの黒いジャケット
レースのフットカバー

スポンサーリンク

という格好で行きました。

甘めよりはコンサバ系の方が無難なんでしょうが、当時はフリルや花柄が付いていない服は着ない!

というこだわりがあったので…(;^_^A

(今はすっかり着なくなりましたが)

でも、私にしては落ち着いた格好で行きました。

蒸し暑い季節だったとはいえ、ストッキングの方がよかったな〜と後から反省。

でも、彼氏の両親は気さくな方だったこともあり、とくに問題はありませんでした♪

彼氏の両親に挨拶するときの話題は?

とくべつ話題を用意しなくても、多くの場合は彼氏のお母さんが話題を提供してくれます。

思い出話
家族の話(家族構成)
仕事の話(どんなことをしているのか)
地元の話

などが話題に上ることが多いです。

あらかじめ彼氏にご両親の趣味や人柄を聞いておくと良いでしょう。

まずは、
「初めまして、〇〇と申します」
と笑顔で挨拶を。

あまり頑張って話題を提供しようとするよりも、にこにこ、ハキハキ答えることに意識を向けましょう。

…と書いている私自身は、正直、緊張してなにを話したかあまり覚えていないのですが(^_^;)

家族のこと・地元のこと(どのへんに住んでいるのか?)は聞かれた記憶がありますね〜。

お寿司屋さんでご飯を食べながらの会話だったので、コレ食べる?好き嫌いある?

なんてことも聞かれました。

もともと話題提供するのがニガテなので、どうしたものかと思っていましたが、彼氏&彼氏のお母さんが主に話を振ってくれたので、嫌な沈黙は無かったです。

まとめ

彼氏の両親に挨拶する時の手土産は、彼氏のお母さんの好みを反映させると会話が弾むきっかけにもなります。

はじめて彼氏の両親と会って話すのは緊張するものですが、常に笑顔を心がけましょう。

いずれは結婚したいな、と思っている相手ならば、これが大きなステップアップのきっかけになるかも!?しれません。

私は、ステップアップを期待して、自分から挨拶したいと申し出ました( *`ω´)

即、結婚につながりはしませんでしたが、この挨拶をきっかけに、たびたび食事に誘ってもらえるようになりました。

最低限のマナーを守れば、自分らしい振る舞いでOK。その方が、親しみを持ってもらうことができますよ♪

スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ