IHクッキングヒーターの汚れを落とすには?隙間の掃除・汚れ防止法は?

IHの汚れ

IHクッキングヒーターの汚れを落とすには、どうすればいいのでしょうか。ガラストップの汚れ・ビルトインタイプの隙間汚れの落とし方と、汚れの防止法をお伝えします。

IHクッキングヒーターの汚れを落とすには?

洗剤を使う前に、まずは「激落ちくん」などのメラミンスポンジで汚れをこすってみましょう。

これだけでも汚れが落ちることがあります。

メラミンスポンジで落ちないようであれば、サランラップ、またはアルミホイルを丸めたものにクリームクレンザー(ジフなど)をつけて、軽くこすります。

クリームクレンザー×メラミンスポンジでもOKです。

汚れの度合いによっては根気よくこすることが必要ですが、少しずつ綺麗になっていきます。

汚れが落ちたら、濡れ布巾で拭いておきましょう。

IHの隙間汚れをかき出すにはどうすれば?

ビルトインタイプのIHクッキングヒーターは、ふちの隙間に汚れが溜まりがち。

業者さんに頼めば、天板を外して掃除することもできますが、自分でやる場合は、道具を使ってよごれをかき出すしかありません。

手前の方のよごれは歯ブラシで掻き出せますが奥の方に入り込んでいる汚れは、歯ブラシよりも毛足が長い&毛が硬めのサッシブラシを使えば掻き出すことができます。


 掃除の達人 みぞスッキリ サッシブラシ 【MARNA/マーナ】

スポンサーリンク

IHの汚れ防止に効果的なのは?

汚れ防止のためのカバーが販売されており、これを取り付けることで焦げ付き汚れを防止することができます。

ですが、カバーをつけることで思わぬ事故につながる危険性があります。

カバーがあることで、IHクッキングヒーターの熱センサーが鍋の温度を正しく感知できなくなり、鍋の変形・センサーの故障・最悪のパターンでは火災の原因にもなりかねません。

しつこい汚れにしないためには、こまめに天板を拭くことが大切です。

なるべく吹きこぼさないように、こぼしたらすぐに拭くように心がけましょう。

天板に貼るタイプではなく、ふち汚れ防止のためのカバーならばオススメです。

引越し後、汚れる前にカバーしてしまうのが理想ですが、IHのふちがこんなに汚れるなんて、ビルトインタイプのIHを使うのが初めてだとわかりませんよね ^_^;

ふち汚れ防止カバーを使えば、ふちの下に入り込む汚れをしっかりガードしてくれます。

お掃除の後に使うと次からの掃除がかなり楽になります。

まとめ

どんなにしぶとい汚れでも、クレンザーとアルミホイル(もしくはラップ・メラミンスポンジ)で落とすことができます。

汚れ具合によっては何度もなんどもこする必要があります。

なかなか落ちないようでも、日を分けて根気よく落としていきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ