赤ちゃんの夏風邪予防と対策は?クーラーは必要?服装は?

赤ちゃんの夏風邪対策
大人がひいてもやっかいな「夏風邪」。
赤ちゃんが夏風邪になってしまったら心配ですし、かわいそうですよね。

赤ちゃんが夏風邪をひかないようにするには、どんなことに気をつけてあげればいいのでしょうか。
体温調節の仕方や上手なエアコン・扇風機の使い方、服装についてまとめました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの夏風邪予防と対策は?

あかちゃんの夏風邪は、大人と同じように高熱になりやすく、
長引く傾向にあります。

40℃近くまで熱が高くなり、激しい咳や下痢が伴うこともあります。

夏風邪をひく赤ちゃんの割合は冬の風邪よりも少ないですが、
1度ひいてしまうと重症化しやすいのがやっかいなところです。

予防と対策としては、まずは赤ちゃんが快適に過ごせているかを確認することです。
背中の状態をみて、汗ばんでいるかどうかをみてみましょう。

涼しそうな顔をしていながら、じつは汗びっしょりになっていた!
ということもあります。

首筋や背中を小まめにチェックしてあげるようにしましょう。

また、温湿度計で快適な温度・湿度が保てているかを数字で確認できるようにすると便利です。

水分補給も重要です。
昔は赤ちゃんに湯ざましや果汁をあげていたこともありましたが、
最近では、離乳食が始まる前の赤ちゃんには
母乳やミルク以外の飲み物は不要とされています。

母乳の場合は母乳で水分補給を、
ミルクの場合も基本はミルクで水分補給をし、たりないようであれば
湯冷ましやお茶を足してあげる程度にしましょう。

夏風邪をひかないために 赤ちゃんにクーラーは必要?

クーラーを使わないほうがいいイメージですが、
昔と違って気密性のよい住宅が多いので、
暑いのにクーラーを使わずにいると、室内でも熱中症になってしまうことがあります。

スポンサーリンク

そこまでいかなくても、ひどいあせもになってしまうことも。

冷やしすぎはもちろんよくありませんが、
適度にエアコンを使うのなら問題はありません。

28度設定にして、扇風機をまわすことで
大人も赤ちゃんも快適に過ごすことができます。

夏風邪を予防するための赤ちゃんの服装は?

真夏、おうちにいるは時はコンビ肌着1枚とおむつだけで十分です。
お出かけの際は、短肌着に涼しい素材のロンパース(カバーオール)を
着せてあげるといいでしょう。

汗をかいた服を着つづけていると、濡れた汗が体の体温を奪って
風邪をひきやすくなってしまいます。

上にも書いたように、背中に汗をかいていないか
定期的にチェックしてあげるようにしましょう。

また、室内と屋外の移動による温度変化にも
気をつけてあげることが重要です。

スーパーや屋内施設に行く時は、冷えすぎるとよくないので
体温調節できるように大き目のタオルを持っていくとよいでしょう。

眠りについてからの1時間がいちばん汗をかきやすいので、
寝る前に背中に一枚ハンカチをはさんで、1時間ほどしたらそのハンカチを抜いてあげるのがオススメです。

⇒風邪気味・熱が出ているときの服装はこちら

まとめ

どんなに気をつけていても、引いてしまう時は引いてしまう夏風邪。
引いてしまった時は、すぐ病院に連れて行くことはもちろんのこと、
水分と栄養をしっかりと摂るようにしてあげましょう。

風邪菌をもちこまないように、大人側も冬風邪同様に手洗い・うがいを徹底するなどして
気をつけるようにしたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ