うなぎの美味しい温め方 レンジでは?ふっくらさせる炊飯器の活用法!

うなぎの温め方
普段はなかなか気軽に食べることができない「うなぎ」。
土用の丑の日くらいはうなぎを食べたい!
スーパーで買ってきたうなぎを、自宅で簡単にふっくら、おいしく温める方法をご紹介します。

スポンサーリンク

うなぎの美味しい温め方~レンジ編

お皿にカットした鰻を皮を下にしてのせます。
お酒を少し振りかけて、ラップをせずに加熱します。

電子レンジで温めるとパサパサしがちで美味しくなくなってしまうのは、ラップをしてしまうことに原因があります。

ラップをせずに、蒸気をこもらせないことで電子レンジでもうなぎをふっくら、やわらかく温めることができます。

パリっと香ばしく仕上げたい場合は、レンジで温めた後、オーブントースターにアルミホイルをしいて加熱しましょう。

冷凍うなぎの場合は、自然解凍したあと、同様に電子レンジで温めます。

うなぎを超簡単にふっくらさせるには炊飯器!

電子レンジ以上に簡単にうなぎをふっくら温めるには、炊飯器がオススメです。
ご飯が炊き上がって保温状態になっているところに、カットしたうなぎを入れ、3~5分ほど温めたら完成です。

ご飯にほどよくうなぎの香りがうつって、うなぎもふっくら仕上がり、最高のうな丼ができあがります。

スポンサーリンク

この方法なら余計な洗い物が出ませんし、光熱費もかかりません。

冷凍うなぎの場合でも、解凍後に同じように炊飯器にいれればふわふわ、ふっくらのうなぎになるのでお試しください♪

うなぎのタレが余った時の活用法は?

あまりがちな「うなぎのタレ」。意外と色々な料理に使えます。

鶏肉の照り焼き・焼き鳥のたれに
鶏肉とは相性抜群。豚肉にも合います。
焼いた肉にかけるだけでおかずが一品完成です。
焼いたちくわに
ちくわを焼いて、タレをかければお弁当の1品やおつまみに最適です。
お餅・焼きおにぎりにつける
焼いたおもちやおにぎりににうなぎのタレをつけると美味しいです。

うなぎのタレ、と考えると活用法に迷ってしまいますが、基本的にうなぎのタレは醤油・みりん・酒・砂糖で作られています。
なので、煮物や焼き物、炒め物など様々な料理に使うことができます。

まとめ

フライパンやグリル、蒸し器で温める方法もありますが、こちらで紹介したレンジや炊飯器での温め方でも十分美味しく仕上がります。

関西風のうなぎのように、最後にカリっと仕上げたい場合はレンジ&トースター、
お箸で簡単にうなぎがほぐれるほどの柔らか~い関東風に仕上げたいのであれば炊飯器がお手軽でオススメです。
ぜひ、お試しくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ