夫のいびきで眠れない〜原因・対策は?不眠改善までの道のり

夫のいびき

夫のいびきがひどすぎて眠れない!

イライラするし、寝不足になって次の日に影響が出るしで最悪ですよね(-_-)

いびきの原因&対策と、2階の寝室から1階リビングにまで響き渡るほどの大音量だった夫のいびきが、多少うるさいけれど我慢できるくらいになるまでのアレコレをお伝えします。

スポンサーリンク

夫のいびきがうるさくて眠れない〜原因は?

代表的ないびきの原因として、以下があります。

  • 肥満・肥満気味
  • 口呼吸する癖がある
  • 鼻炎の症状がある
  • 飲酒
  • 疲労・ストレス

いびきをかきやすい鼻のかたち(団子鼻)だったり、今までいびきをかかなかった人も、加齢によってかくようになることもあります。

いびきがすこしマシな日があったり、隣で眠るなんて絶対無理!というくらいうるさい時があるのは、体調によってもいびきのかき方が変わってくるため。

飲み会の日や、いつもより体力を使ったであろう日は警戒が必要です(^_^;)

夫のいびきがうるさくて眠れない〜対策は?

★別の部屋で寝る
1番手っ取り早いのがこの方法。

ただ、あまりにもうるさいイビキだと漏れ聞こえてきます。

隣で轟音を聞くのも腹が立ちますが、部屋を変えても聞こえてくるイビキもかなりイラッとくるものなんですよね〜。

夫に別室で寝たいと申し出たら嫌がられたので、じゃあイビキどうにかしてよ!と言ったところ、ようやく鼻孔拡張テープなどの簡単なイビキ改善グッズを使いだしてくれました。

★鼻孔拡張テープ
効いているのか?いないのか?よくわからないけれど、一応いまでも貼ってもらっています。

★耳栓
強力な耳栓でいびきをシャットアウト!完全に、とはいきませんが、いびきの轟音をかなり遮断してくれます。
おすすめはMoldexスパーク、もしくはミスサイレンシア。


ミス サイレンシア(2組)【サイレンシア】[耳栓]

しばらくはコレでしのげたんですが、赤ちゃんが生まれてからは、泣いたのに気づけなかったら困るということで、使えなくなりました…

★ムービーを撮る
いびきがうるさすぎる!殺人的だ!
と何度口で言っても、本人にはなかなか伝わりません。
大袈裟だな〜と何回流されたことか(-_-)

ムービーに撮って、どれだけうるさいか自覚していただきましょう。

スマホで撮る場合、旦那さんの鼻に近づけて撮らないと、イマイチうるささが伝わりません。

やや離れて撮ったものを見せて(聞かせて)も、笑われて終わりでした…それでも充分、うるさいと感じるものだったんですけどね(ーー;)

★耳鼻咽喉科
マウスピースを作ってもらい、眠るときにつけることでいびきが改善するケースも。

スポンサーリンク

★横を向いて寝てもらう
寝ているときは舌の筋肉が緩み、喉の奥に入ってしまいがち。
正面を向いて寝ると、喉の奥に入った舌が呼吸のたびに振動し、それがいびきとなります。

確実に横を向いて寝てもらうには、背中にピンポン球やテニスボールをくっつけたり(ストッキングに入れて、球が背中に当たるようにしてしばる)、リュックを背負ったりして、正面を向いて眠れないようにするとベスト。

協力的ではない旦那さんの場合は、地道に横に転がすしかありません。

私は、
両手で転がす→足で転がす(ソフトに)→足で蹴る
と進化していきました(笑)

★枕の高さを変える
高すぎると、気道が圧迫されてせまくなり、いびきをかきやすくなります。

低すぎるまくらも、喉の奥に舌が入り込みやすくなるのでいびきの元に。

今使っているものよりも低めのまくらを買って、様子を見ながらバスタオルを畳んだもので高さを調節するのが◎。

ただ、まくらをどう変えても改善されないこともあります。

夫のいびきで眠れない〜不眠改善までの道のり

冒頭にも書きました通り、夫は最初、毎晩のように怪獣のようないびきをかいていました。

結婚前は今のように、いびきをかいている彼氏を蹴飛ばすなんてことはできず(笑)「息止まってるよ!」とゆするのが精一杯。

本当に、いびき→ぴたっと止まる→何秒後かに再びいびきがうるさくなっていたので、無呼吸状態になっていたんですよね〜(´Д` )

デート中もしょっちゅう寝るし、あのとき病院に行ったら無呼吸症候群と診断されていたのかも。

結婚前は外食ばかり・魚は食べない・野菜不足で健康的とはいえない食生活を送っていましたが、結婚後には食生活は改善され、息が止まるようなことは無くなりました。

しかし、一緒の部屋ではとても寝られないくらいうるさい!

私が先に眠りにつきさえすれば、途中で起きることはあまり無いのですが、夫はリアルのび太くんかと思うほど寝るのが早いんです。

すぐに大いびきをかくので、結婚してしばらくは旦那のいない日中にお昼寝して凌いでいました。

子供が生まれて、好きな時間にお昼寝できなくなってからは蹴りの嵐!笑

蹴って、静かになる少しの間に寝る技を身につけました。

赤ちゃんに悪影響がないか心配でしたが、すやすや寝ていました。(夫も夫で、赤ちゃんが隣でギャン泣きしていてもいびきかいて寝てました…)

結婚して数年が経ったある日、軽く体調を崩した夫は健康に気をつけるようになり、
・アルコールをほとんど摂らない
・夕飯時にジュースを飲むのをやめる
・大好きだったお菓子を前より控える

など、とくに食事面を気をつけるようにして、体重も3、4キロ減らしたところ、いびきは我慢できるレベルにまで改善されました。

まとめ

やはり、奥さんだけの努力だけでいびきを改善することは難しく、できることといえば耳栓をするか、蹴るか、別室で寝るかぐらいです。

いちばん手っ取り早いのがいびき外来や耳鼻咽喉科に行って治療することなのですが、自覚症状がなかったり、大したことないと思い込んでいると、なかなか行ってくれません。

夫は、取引先の人がおそらく無呼吸で亡くなった、という話を聞いても他人事でした。

自分も、死ぬまでいかなくても危ないかも、と思わないのが不思議です…。

奥さんが我慢しすぎて倒れたり、病気になったりすることもあるので、我慢のしすぎは禁物。

旦那さんのいびきが改善されるのがベストですが、無理そうであれば、いびきで眠れない状況から早めに抜け出しましょう。

スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ