熱がある時の風呂の注意点・温度や頭を洗うかどうかについて詳しく!

熱があるときのお風呂

熱があるけど、お風呂に入ってサッパリしたい!とはいえ、お風呂に入ることで風邪が悪化しないか心配ですよね。

熱があるときの入浴の注意点や、オススメのお湯の温度、頭は洗ってもいいのか?などなど、経験を交えながらお伝えします。

スポンサーリンク

熱があるときお風呂に入ってもいいの?

37度台の微熱で、熱以外にだるい・気持ち悪い等の症状がなければお風呂に入ってもOKです。

ただ、ぞくぞくと寒気がする時は入浴を避けましょう。
これから熱が上がっていく可能性が高いです。

38度以上でも、元気があったら入浴する、もしくはシャワーを浴びるという人もいますが、私はしたことがありません。

どうしても汗が気持ち悪い時は、シャワーでサッと洗い流す程度にするか、ホットタオルで拭くだけにとどめておくのがオススメです。

入浴するときに気をつけたいのは、入浴することで体力を奪われないようにする・湯冷めしないようにするの2点です。

まずは、体を冷やさないように、脱衣所や浴室を温めておくこと。
夏以外は夜だと意外と寒いので、比較的あたたかい日中に入りましょう。

そして、長風呂は避けること。私は、発熱時はシャワーで体を洗うのも含めて、10分くらいで上がるようにしています。
ぬるめのお湯で20分以上湯船につかることを推奨している人もいますが、長風呂で風邪をよくするより寝て直したい・・・という気持ちがあるのが1点。
今は元気だけど、入浴中に容態が悪くならないか心配で、リラックスできないのが1点。
ということで、私はしたことがありません(;´Д`A

スポンサーリンク

湯船につからずシャワーだけにする時は、体が冷えないように注意しましょう。
立ってシャワーを浴びていると途中で立ちくらみを起こすと危ないので、バスチェアに座って洗うのがオススメです。

熱があるときのお風呂の温度は?

湯冷めをしないためにも、37〜38度くらいのぬるめのお湯がよいとされています。
そんなにぬるいお湯に使っていたら、逆に寒い!と感じるかもしれません。
熱めのお風呂が好きな方でも、発熱時のお湯の温度は41度程度にとどめておきましょう。

42度以上の熱めのお湯に浸かると、体への負担も大きくなります。
また、体がほてって汗をかくので、汗をかいた状態でパジャマを着ると、汗が冷えたときに体の熱を奪い、湯冷めの元になってしまいます。
汗をかいた時は、汗がひくまでパジャマを着ないようにしましょう。

熱があるときに頭を洗ってもいいの?

頭がベタベタすると、余計に体調が悪くなるような気がしてきますよね。
頭を洗わないほうがいい、とよく言われるのは、洗髪すると湯冷めをしやすいから。
髪を洗っても、すぐによく乾かせば大丈夫です。

髪を洗う時間を少しでも短くするためにも、シャンプーはいつもより少なめに。
すすぎの時間を短縮できます。
地肌さえきれいになればOK!という感覚で、ササっと手早く済ませましょう。

熱があるときのお風呂まとめ

風邪の時の入浴の大事なポイントは、
・入浴で体力を奪われないようにすること
・湯冷めしないようにすること
です。

浴室や脱衣所をあらかじめ温める。
お風呂のお湯は42度以上にしない。
髪の毛を洗うときは手短に。乾かすときはしっかりと。
そして、入浴後は水分をたっぷり摂って、早めに布団の中へ入りましょう。

スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ