ハロウィンの飾り付けで簡単なのは?玄関&お部屋のアイディア例

ハロウィンの飾り

凝ったことはできないけれど、ハロウィンを楽しみたい!気軽に、簡単にできるハロウィンの飾り付けアイディアをご紹介します。

スポンサーリンク

ハロウィンの飾り付けで簡単なのは?〜玄関編

ハロウィンといえばやっぱりカボチャ。玄関にペポカボチャ(おもちゃカボチャ)や、カボチャの置物を何個か飾るだけでもハロウィンらしさが出ます。

いろいろな大きさ・色・形のものをバランスよく並べたり、カゴに盛ったりすると良いでしょう。

ただカボチャを並べるだけではつまらない、という場合は、カボチャをデコると面白くなります。

リボンを貼ったり結んだり、シールでデコレーションすると、オルジナルのカボチャが出来上がります。

シールは、黒猫や魔女、コウモリなど、ハロウィンモチーフの中でも黒を基調としたものを選ぶと、カボチャのオレンジや黄色に映えます。

濃い緑のカボチャには、おばけ等白いシールが目立ちます。

また、ハロウィンモチーフのタトゥーシールは、貼るだけで凝った仕上がりに見えます。

黒の画用紙でハロウィンかぼちゃの顔を作っても。
彫るのは少し手間ですが、紙を切るだけでなら簡単ですし、小さなお子さんと一緒に作ることもできます。色々な表情を並べると面白いです。

スポンサーリンク

ハロウィンの飾り付け〜お部屋編

▶︎窓をデコレーション
フェルトをカボチャおばけなどハロウィンモチーフの形に切り抜き、両面テープで窓に貼り付けます。
中からも外からも楽しむことができます。

▶︎風船をデコレーション
黒い紙でカボチャおばけの目と口黒い紙を作り、オレンジの風船に貼り付けます。
笑った顔、怒った顔など、いろいろな表情をつくると楽しいです。

白い風船に黒い紙で目、赤い紙で口を作って貼れば、ドクロやおばけになります。

ガスを入れて浮かばせても、天井から紐で吊るしても◎。

▶︎ハロウィンツリー
クリスマスのツリーに、ハロウィンの飾り付けをすればOK。

オーナメントは100均でも手に入ります。

ハロウィンカラーの黒やオレンジのモールを巻いたり、カボチャおばけをぶら下げたり。飾り付けは自由に楽しみましょう。

ツリーのてっぺんに魔女の帽子をかぶせると、可愛く仕上がります。(魔女の帽子も100均で手に入れることができます。)

11月に入ったらハロウィンの飾りを外して、今度はクリスマスの準備に取り掛かりましょう。
クリスマス以外でもツリーを活躍させることができて、個人的にオススメです^ ^

まとめ

日本では、ハロウィンの飾り付けの時期は特に決まりはありません。
早くて9月の終わり、ほとんどが10月のはじめ〜中旬までにはハロウィンの飾りつけをします。

我が家は玄関ニッチに小さなカボチャの置物を飾るだけ、という年もありますが、それでもなんとなく楽しい気分になるものです。

早い所では8月からハロウィンアイテムが並ぶお店があるので、チェックしてみては♪

スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ