チャイルドシートの暑さ対策まとめ&赤ちゃんの車内の日よけ方法は?

チャイルドシートの暑さ対策

暖かい季節になるとお出かけが楽しくなりますが、
少し車を停めておくだけで車内が真夏のように暑くなってしまいますよね。
夏本番になると、チャイルドシートが熱をおびて火傷しそうになるほど。

赤ちゃんの暑さ対策やチャイルドシートの熱対策や冷却方法、
車内での日よけ方法をまとめました。

スポンサーリンク

チャイルドシートの暑さ対策まとめ

赤ちゃんをチャイルドシートに乗せる前にクーラーで車内を冷やすのが理想ですが、
アパートから駐車場までの距離がある場合や、外出先では難しいところ。

そんなときには、チャイルドシートにできるだけ熱をもたせないように
チャイルドシート専用の遮熱カバーをかけておくのが効果的です。

カバーをかけても座面はそれなりに暑くなりますが、
金具部分でやけどしそうになるのを防ぐことができますし、カバーを掛けるのと掛けないのとではかなり差が出ます。

その上で、チャイルドシート専用の冷却スプレーでチャイルドシートを冷やしましょう。

カンガルーの保温・保冷シートのように、柔らかい保冷剤を入れることができるシートカバーも併用すると便利です。

カンガルー 保温シート 保冷シート ベビーカー・チャイルドシー…

スポンサーリンク

車内全体の気温を素早く下げる方法としては、

助手席のドアを全開にする

運転席のドアを5回ほど開閉

すると、外気温と同じくらいになってくれます。

お買い物中は、なるべく日陰や屋内に駐車しましょう。
保冷剤をタオルにくるんで置いておくと、保冷剤がチャイルドシートの熱を吸収してくれます。

屋外にしか駐車場がない場所では、チャイルドシートに保冷剤を置き、さらに遮熱カバーやバスタオルをかけておきましょう。

赤ちゃんは汗っかき。
できるだけチャイルドシートを冷やしても目的地に着く頃には背中がビッショリになっています。

あせもの原因になりますし、汗が冷えて風邪をひいてしまうこともあるので背中の汗はこまめにチェックしてあげましょう。

背中にタオルやガーゼを挟んでおくと、着替えさせなくてもそのタオルやガーゼを交換するだけで済むので便利です。

赤ちゃんを車に乗せるときの日よけ方法は?

チャイルドシートの熱対策と同じく、外からの強い日差しを避けることも重要です。
紫外線が心配ですし、日の光をまぶしがって泣いたり、顔が火照って赤くなってしまうこともあります。

チャイルドシートを後部座席につけているのであれば、
窓に日よけネット・日よけカーテン(サンシェード)をつけたり、濃い色のフィルムを貼ることで日よけができます。
(フロント・運転席横・助手席横の窓は、日よけカーテンなどの視界を妨げるものを取り付けるのはNGなので注意しましょう。)

お出かけの時間帯や向かう方向によっては、
窓につけるタイプのサンシェードは意味をなさないことがあります。

チャイルドシートにシェードがついているタイプが便利ですが、
ついていない場合は洗濯ばさみと、風呂敷などの大き目の布で日除けしましょう。

ただ、日よけに気を取られてチャイルドシートを覆いすぎると通気性が悪くなり、
赤ちゃんが蒸されてしまうので注意しましょう^^;

まとめ

真夏の車内は、すぐに温度が上がります。
炎天下では60度~70度にまで上昇することも。

チャイルドシートを冷やす便利アイテムを上手に使って、こどもを暑さから守ってあげたいですね。
こまめな水分補給もお忘れなく♪

スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ