赤ちゃんの日焼け止めはいつから?そもそも必要?日焼け対策まとめ

赤ちゃんの日焼け止めはいつから?
紫外線が気になる季節。赤ちゃんとの外出にも気をつかいますよね。
ですが、1才未満の赤ちゃんに日焼け止めをぬっても大丈夫なのかちょっと心配。

一般的にいつから使うものなのか・日焼け止めを使う際の注意点などをまとめました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの日焼け止めはいつから使うのがいい?

赤ちゃんの日焼け止めをいつから使うかは、人によって考え方が違います。

皮膚科の先生でも、「3ヶ月を過ぎればOK」、
「1歳までは使わない方がいい」と意見が分かれます。

私が子どもを皮膚科に連れて行った際には、
6ヶ月未満の赤ちゃんにはなるべく日焼け止めを使わずに紫外線対策をした方がいい
と言われました。

6ヶ月未満だと肌が非常にデリケートなので、
アレルギーを起こす可能性があるからだそうです。

世界的にみても、
赤ちゃんに日焼け止めを使うのは6ヶ月以降
としているところが多いようです。

1998年に母子手帳から日光浴のすすめが消え、
紫外線による悪影響が注目されるようになったためか
日焼け止めを使いはじめる年齢がだんだん低くなっています。

たしかに、紫外線対策は必要ですが、
低月齢の赤ちゃんに日焼け止めを使うのは慎重になったほうがいいかもしれません。

赤ちゃんに日焼け止めは必要なの?

こちらも意見が分かれるところですが、
日差しが強い時間を避けてのお散歩だったら、
日焼け止めを使わずに衣類や日傘などで日除けするだけでも十分です。

スポンサーリンク

昔より紫外線が強くなっているとはいえ、
過剰な紫外線対策も赤ちゃんの肌に負担をかけることがあります。
特に肌が弱い赤ちゃんだと、日焼け止めをつけることで肌荒れを起こすことがあります。

乳児湿疹が出ている場合は、日焼け止めはNG。
湿疹が悪化してしまいます。

必要以上に日光にあたるのは良くないですが、
外気浴によって皮膚が鍛えられますし、防げる病気もあります。

紫外線から赤ちゃんを守りながら、外気浴を楽しみましょう。

普段のお散歩より長く外出する予定があって
紫外線の影響が心配な場合は、
パッチテストをしてみてから日焼け止めを使いましょう。

パッチテストの方法
10円玉大くらいを二の腕の内側につけて、
30分後と2日後の2回確認します。
肌に赤いぶつぶつなどのトラブルが見られなければ大丈夫です。

赤ちゃんの日焼け対策★日焼け止めを使わない方法は?

日焼け止めを使わない日焼け対策をご紹介します。

  1. 天然のココナッツオイルやシアバターを塗る。
    ココナッツオイルは紫外線を約20%カットする力があり、
    シアバターは紫外線B波をカットしてくれる働きがあります。
  2. 午前10時~午後2時は紫外線が最も強い時間帯。
    この時間帯の外出は避けましょう。
  3. 長袖の服・帽子・日傘で肌をガードする。
    UVケープは冷房対策にもなります。
    汗かきの赤ちゃんのためにも、通気性の良いものを選びましょう。

まとめ

ママ自身の日焼け対策も気をつけて。
抱っこする際に赤ちゃんに触れる部分はなるべく衣類でガード。
つばの広い帽子をかぶる&日傘をさすなどして紫外線からお肌を守りましょう。

暑い季節のお出かけは
日焼け対策と同時に暑さ対策もしなくてはいけないので大変ですが、
できるだけ涼しい時間帯を選んで楽しみたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ