ワンワンわんだーらんど当選!応募倍率は?詳細レポ★

ワンワンわんだーらんど

お子さんが「いないいないばあっ!」の歌やワンワン&うーたんが大好きなら、
ぜひ、ワンワンわんだーらんどに連れて行ってあげたいですよね。

応募・抽選から当選までの流れと当日の様子、
テレビ放送までを実体験をもとにお伝えします。

スポンサーリンク

ワンワンわんだーらんど当選!確立を上げる方法はある?

ワンワンわんだーらんどのチケットを手に入れるには
応募期間内に電話で申し込みをする必要があります。
固定電話か携帯電話から応募することが可能。

自動音声のガイダンスにしたがって、

  • 公演時間の選択(午前/午後)
  • 席種
  • チケット枚数(最大4枚)
  • 受け取り方法
を入力します。
抽選受付完了時に、10桁の受付番号が発行されます。
当選確認とチケット発券の際に必要になってくるので、忘れずにメモしておきましょう。

応募期間内なら、24時間いつでも電話することができます。
応募スタート時は電話が混み合ってかかりにくい場合があります。
チケットは早い者勝ちではなく抽選なので、あせらずに時間をおいてかけてみましょう。

私は応募スタートから2日後にかけましたが、無事当選しました。
(席も前のほうでしたよ♪)

1回の応募に約8分かかります。
ガイダンス音声は飛ばすことができないので、
2回目以降もおなじ説明を聞くことになります。

当選確率をあげるには「とにかくたくさんの回線に申し込むこと」しかありません^^;

それ以外の情報としては、

  • 固定電話のほうが当たりやすい
  • A席よりB席のほうが席数が少ない場合は、A席を選んだほうが当たりやすい
という都市伝説(?)があります。

ワンワンわんだーらんどの倍率は?我が家の応募口数

我が家は、固定電話から3口、携帯電話から8口の合計11口応募しました。

結果は・・・当選1口
実家の固定電話から応募したものが当たりました。富山公演です。ラッキーだったほうかもしれません。

激戦区では30口以上申し込んでもダメということもありますし、
たった1口の応募で当選したという幸運の持ち主も。

どれだけ応募すれば当選するのかは、本当に運次第。
はっきりとした倍率はわかりませんが、入手がかなり難しいプラチナチケット。
気合を入れて応募するなら、親や親戚、友人、会社の人など、
頼れるところはすべて頼ったほうがよさそうです。

チケットの受け取り方法
ローソンのロッピーで、電話番号と受付番号を入力して発券手続きをします。
指定期間内に発券手続きをしないと、たとえ当選していてもキャンセル扱いになってしまうので注意です!
電話番号はチケットが当選した実家の番号か、自宅の番号か迷ったのですが、
連絡先として聞かれているものと判断して、自宅の番号を入力しておきました。

キャンセル待ちの倍率は?

残念ながら抽選に外れてしまった場合でも、キャンセル待ちがあります。
落選の電話でキャンセル待ちの日時・方法などの詳細を聞くことができます。

キャンセル待ちでチケットを入手するのもかなり困難。
ローソンのロッピーにて指定のLコードを入力して購入します。
こちらは早い者勝ちですが、一瞬で売切れてしまうほどです。

スポンサーリンク

受付開始時間の10時ちょうどに素早くロッピーの操作をしなければ
チケット入手は厳しいので、早くから並んでおく必要があります。
開催県ならば1時間前くらいに並ぶくらいの気合が必要です。
はやくから並ぶ際は、店員さんに一言かけておきましょう。
素早く操作する自信がない場合は、予行練習をしておくとベストです。

ワンワンわんだーらんどレポ

チケットを係員の方に渡して入場すると同時に、ビニールの手提げを渡されました。
公演の内容が書かれたパンフレットやシール、「わんだぼう」の材料などが入っています。
ワンワン、うーたん達のぬりえもいただきました。

グッズ売り場はかなりの混雑。
開演前は常に混雑していました。
閉演してしばらく経ってからはさすがに空いていましたが、品切れの商品も出てきていました。

テレビでよく見かけるワンワンやうーたんのビニールのおもちゃが欲しかったので、人ごみに突入して購入。
グッズを選ぶ場所とお会計の場所が同じなので、よけいにごった返している印象。
お会計は早い者勝ちといった感じで、他の人に遠慮していたらいつまでたっても買えなくなりそうです^^;

ちなみに、一部のグッズはオンラインショップでも購入できます。
大人気のパクパクさん・パク子さんパペットも事前に通販で入手することができます。


パクパクさんとパクこさん ハンドパペット

グッズ売り場の裏手には、写真撮影コーナーがありました。

こちらはちゃんと1列に並んで撮るのですが、長蛇の列が出来あがっていました。
公演前、後のどちらでも撮ることができます。

我が家は公演後、早めに順番につくことができたので、あまり待たずに撮影できました。

公演時間はアンコールも含めて1時間半くらい。
テレビは30分くらいに編集されたものが放送されます。

午前と午後の内容を、どちらもうまく混ぜ合わせているようです。
うちの子もしっかり映っていました♪

私はしませんでしたが、子供にゆうなちゃん・ワンワン・うーたんなど
気合の入ったわんだーらんどキャラのコスプレをさせると
テレビに映される確立が上がると思われます。

まとめ

最後に、2016~2017年の公演スケジュールを載せておきます。

2016
4/10(日)
埼玉県さいたま市 さいたま市文化センター

5/7(土) ~5/8(日)
大阪府大阪市 NHK大阪ホール

6/5(日)
北海道旭川市 旭川市民文化会館

7/1(金)~7/3(日)
東京都渋谷区 NHKホール

9/11(日)
福岡県大牟田市 大牟田文化会館

10/9(日)
徳島県鳴門市 鳴門市文化会館

11/6(日)
山形県天童市 天童市市民文化会館

12/4(日)
岡山県倉敷市 倉敷市民会館

2017
1/15(日)
静岡県静岡市 静岡市民文化会館

2/5(日)
岩手県北上市 北上市文化交流センターさくらホール

テレビ放送ではなかなか見られないワンワンやうーたんの姿・セリフも楽しみの一つ。
こどもが心から楽しんでいる姿を見るのは、本当に嬉しいものです。

抽選結果待ちの方は、当たりますように!
当たった方は、当日、お子さんと一緒に思いっきり楽しんでくださいね♪

スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ