手足口病 下の子供(2歳)にうつる…症状や経過【画像あり】

5歳の娘が手足口病に感染。

娘が発症してから3日後、息子にも手足口病の症状が!

お姉ちゃんと似たような経過でしたが、息子のほうが症状がおもく、発疹がたくさん出ました(T_T)

発疹がおさまるまでの経過を、画像つきでお伝えします。

スポンサーリンク

手足口病がうつった!いつまで感染の可能性がある?

手足口病は、呼吸器から1〜2週間、便から2〜4週間にわたってウイルスが排泄されます。

患者のほとんどは5歳未満の小児ですが、まれに大人にも感染。

1ヵ月近くは油断できません(;´Д`)

くしゃみなどの「飛沫感染」と、唾液や鼻水がついた手が触れることで感染する「接触感染」が主な感染経路。

  • うがい・手洗い
  • 消毒
  • マスク

などの、基本的な予防法しかありません。

大人に感染した場合は、こどもより症状が重くなることもあるようで・・・

この記事を書いている現在は、まだ感染する可能性がある期間中。
手足口病に感染・発症しないように祈っているところです(;´Д`)

手足口病の潜伏期間は、3〜6日。

息子はお姉ちゃんの発症(発熱)後、3日経ってから発症(発熱・発疹)したので、お姉ちゃんの手足口病をもらってしまったこと確実です。

(娘は園でもらってきたと思われます。)

手足口病 2歳の子供の症状と経過

息子も娘同様、発熱からはじまりました。

娘が病院で「手足口病」と診断されたその日に発熱・嘔吐。

発熱に気が付いたのは午後2時ごろ。
38.5分で、2日間ほど38度台の熱が続きました。

嘔吐は3時ごろからはじまりました。

手足口病1日目 発熱と嘔吐

娘は嘔吐2回でおさまったのですが、2歳の息子は数えきれないくらいゲロリン。

水分をとらせても吐くので、困ったものです。

ノロウイルスに感染したときの教訓を活かし、ほんのちょっとずつお茶を飲ませたら吐かずに飲んでくれました。

夕飯は食べさせずに、以前病院で処方された解熱剤を飲ませて様子を見ました。

手足口病2日目 発熱が続く&発疹が出始める

娘は丸1日で熱が下がったのですが、息子は下がらず。

ひじのあたりに発疹が出てきました。

病院に行こうか迷ったのですが、

  • 熱はあるけどすごく元気
  • 解熱剤がまだある
  • 嘔吐はおさまって、食欲もある
  • 手足口病だろうから、受診しても薬でないし・・・

↑という理由から、病院は受診しませんでした。

手足口病3日目 眠りが浅いせいか寝ない

発疹の量は5歳の娘のときよりもあきらかに多く、

  • ひじ
  • ひざ
  • 手足の甲
  • 足の裏
  • 陰部

に多くできていました。

口の中に水疱ができて口内炎のようになると痛がって大変
と聞きますが、幸い、息子は娘同様、口の中にはできませんでした。

唇の端には1つ水疱ができていましたが、とくに痛くもかゆくもないようで、気にしている様子はみられませんでした。

発症3日目なので外出はせず室内で過ごしましたが、いつもどおりに元気に遊んでいましたが、眠くなってくるとグズりがひどい!

2歳でイヤイヤ期まっただなか。

普段も眠くなったり、おなかかが減っていたりすると激しく泣いたり暴れたりはあるのですが、
手足口病を発症して2~3日は、一段と暴れ方がひどかったです(´-∀-`;)

とくに夜寝る前がひどく、やっと寝付いたと思ったらすぐに起きて、23時~午前1時半くらいまで、ずっと泣きわめいていました。

「だっこー!」と言って泣く

抱っこしようとする

嫌がって泣く

の繰り返し。

ふつうの夜泣きぐらいなら全然起きない夫も、今回の息子の暴れっぷりにはなかなか寝付けなかったようです。
(最終的に泣き声うるさい中でも寝ていましたが・・・)

どうしようもないので、放っておいてみたり、むりやり抱っこしてみたり・・・を繰り返していたら、眠ってくれました。

息子が激しく暴れたのは1日だけで、暴れた後もまとまった時間眠りについていましたが、

もし、お子さんがギャン泣きして全然寝ない!という場合は、病院に相談を。

スポンサーリンク

痛み止め・かゆみ止めを処方してもらえるかもしれません。

手足口病 こどもの発疹の写真

以下に載せている写真はすべて、タップ・クリックすると拡大します。

なかなかのブツブツ具合なので、ご覧になる場合は覚悟して(?)くださいませm(__)m

 

★発疹発生1日目

手足口病による発熱・嘔吐があった翌日に発疹が出始めました。

ひじ・ひざにポツポツと。

手足口病の発疹の写真

手足口病の発疹ひざ

★発疹発生2日目

2日は発疹の量が増え、手足の甲や陰部にも広がりました。

おむつ替えのたびに「痛かったりカユかったりしないのかな~」と心配になりましたが、息子は特に気にしていないようでした。

手足口病の発疹足の甲

手足口病の発疹・膝

ただ、発疹発生2日目・手足口病発症3日目はグズりがひどく、機嫌が悪い時間が長かったです。

★発疹発生3日目

発疹の一部がかさぶたに。
息子の場合、発疹発生2日目がピークで、3日目以降は落ち着いていきました。

手足口病の発疹は、かさぶたにならずに治っていくパターンもあるそうです。

手足口病の発疹・治りかけ

手足口病 さいごに

息子の手足口病の経過は上記の通りですが、
手足口病でも

  • 熱が出ない
  • 嘔吐しない
  • 背中やお腹にも発疹が出る

など、いろいろなパターンがあります。
その時に流行しているウイルスの型によって、水疱ができる場所が変わってくることも。

今回、我が家では先に娘が手足口病に感染・発症して病院での診断を受けていたので、
ほぼ同じ経過をたどっていた息子も手足口病だ!

とただの主婦の私にもわかりましたが、

⇒娘(5歳)の手足口病の経過(写真付き)の記事はこちら

そうでなければ

手足口病の発疹なのか?
それとも水疱瘡?
あせも?虫刺され?

などは、なかなか見分けがつかないもの。

発疹が体に広がったら、かかりつけの小児科を受診されることをオススメします。

いずれにしろ、お大事に・・・m(__)m

子供が何かしらの病気になると親も体力を削られるので、休める時に休みましょうね!!

スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ