七夕の夕飯は何を食べる?そうめん以外のお腹イッパイ簡単メニュー

七夕の夕飯
七夕の行事食といえばそうめんですが、
夕飯にそうめんは、天ぷら等をつけるにしてもいまいちガッツリこないし、
パパをはじめとした男性陣にいまいち人気がなかったり、給食に先を越されてしまったり^^;

そんなときは、どんなものを食べればいいのでしょうか。
ちょっとしたことで「七夕らしさ」が出る簡単アレンジをご紹介します。

スポンサーリンク

七夕にもちらし寿司♪

ちらし寿司というとひなまつりの方がイメージが強いですが、
七夕でも古くからちらし寿司を食べる家庭・地域は多いです。

桃の節句であるひなまつりと同じく、七夕も節句の1つ。

昔は現代よりも食事が質素だったので、せめて節句の日は少し豪華で栄養のあるものを・・・ということで、ちらし寿司が食べられるようになりました。

ちらし寿司のたまごやニンジンなど、具を星型にくり抜くと七夕らしさが出るのでオススメです。
ひなまつりと同じく、茶碗蒸し、はまぐりのお吸い物も一緒に。
物足りない場合は、から揚げなどの揚げ物でボリュームを出すとOKです。

七夕のカレーも工夫次第でソレっぽっく!

お手軽なカレーも、具を星型にすることで一気に七夕らしくなります。

スポンサーリンク

ただ、普通に作ると煮崩れてしまって、きれいな星型になりません。

ニンジンを星型にくり抜き、カレーとは別に茹でておいて、最後にトッピングするといいでしょう。
チーズ(とけないもの)も飾るとさらに綺麗になり、ボリュームもアップします。

オクラは輪切りにするだけで星の形になるので、サラダの飾りつけに最適です。

カレー以外にも、ハンバーグの上に星型にくり抜いたチーズをのせたりしても。

とりあえず、星型の「何か」があれば、七夕らしさがでます(笑)

七夕らしいデザートで簡単なものは?

ゼリーが七夕デザートの定番といえますが、これも給食で出てしまうことが多いんですよね。

ゼリー以外では、フルーツポンチやヨーグルトが人気です。
どちらも、星型にくりぬいたフルーツをトッピングすると七夕らしさが出ます。
冷やしぜんざいを作り、これまたフルーツを星型にしてトッピングしても。

単純にスイカを切って出すのもオススメです。

まとめ

七夕のために特別な料理を作らなくても、野菜やフルーツを星型にくり抜いたり、
オクラを輪切りにするだけで一気に七夕らしくなります。

少しの工夫で夕飯が華やかになりますので、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ