ジュニアシートはいつから?選び方は?ジョイトリップ購入レポ

ジュニアシートはいつから?

ジュニアシートはいつから使えるものなのでしょうか。
こどもの安全を考えた選び方と、コンビのジョイトリップを購入&使用した感想をお伝えします。

スポンサーリンク

ジュニアシートはいつから?

背もたれ無しの座面(ブースター)だけのものは、
3歳・身長100cm以上を対象としている商品が一般的です。

背もたれありのチャイルド・ジュニアシート兼用型のものだと
1歳頃から使えるものが一般的です。
後々、背もたれをはずしてブースターだけで使えるようになっているものが多いです。

価格は背もたれありのもののほうが当然、高くはなってきますが、
安全面を考えるならば背もたれありのほうが安心です。

ブースターだけで使う場合は、首にシートベルトがかからないか、
ベルトから抜け出さずに大人しく乗ることができるかを考慮する必要があります。

普通に乗っているときは大丈夫でも、寝たときに首にベルトがかかったり、
ベルトをすり抜けて前に倒れこんだりすることもありますので、
3歳からすぐにブースターのみで使用するのは慎重になったほうがいいでしょう。

ジュニアシートの選び方は?

背もたれがあるチャイルド・ジュニアシート兼用型には
大きく分けてインパクトシールド式とハーネス式があります。

ハーネス式はチャイルドシートと同じ拘束方法。
インパクトシールド式はこどもの体の前に大きな緩衝材をあてて、「面」で守るタイプです。

どちらがいいかはお子さんによって好みがあるので、
実際に店頭で座らせてみることをオススメします。

スポンサーリンク

ジュニアシート ジョイトリップ購入レポ

2人目が産まれること、チャイルドシートが窮屈そうなことから
娘が3才になる前にジュニアシートを購入しました。

もうすぐ3歳とはいえ身長は100㎝にとどかず、体重は13kgちょっと。

お店では身長・体重は目安だから3歳になってから使うならブースターだけでも大丈夫ですよ、
と言われましたが、いきなりブースターだけというのはやはり心配だったので
背もたれありの中でデザイン面・性能面で気に入ったジョイトリップを選択。

お店でも人気、楽天のジュニアシートランキングで当時1位だったのも決め手でした。

組み立て・取り付けは旦那にやってもらいましたが、「チャイルドシートよりはるかに簡単、しかも軽い!」とのこと。

子供は自分でシートに乗ることができるので、親はシートベルトを締めるだけでOK。
そのシートベルトも着脱ラクラク。

お腹が重たい妊婦としては、子どもを抱っこする負担が少しでも減るのは嬉しいことです。

背もたれ部分はチャイルドシートよりはるかに通気性が良く、これなら夏の暑さも少しはマシになりそうです。

ドリンクホルダーはあってもなくてもどっちでもいいかなーと思っていましたが、
いざ使ってみると、こどもがお茶を飲みたいときに自分でお茶をとって飲んでくれるので意外と便利でした。
(ドリンクホルダーは取り外しができます。)

まとめ

シートベルトは140cm以上を想定して設計されていることが多いことから、
着用義務が終わる6歳を超えてもジュニアシートを使ったほうが安全です。

お子さんの体型や好みに合ったチャイルドシート・ジュニアシートを選んであげるようにしたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ