結婚式にファーはNG?寒さ対策はどうすれば?服装のマナーは?

結婚式にファー

雑誌に取り上げられたり、ショップで販売されているのを見かける結婚式お呼ばれでのファー素材のアイテムたち。

ファーってNGなのでは?アリになったの?

秋・冬のウェディングでの寒さ対策や、覚えておきたい服装マナーをご紹介します。

スポンサーリンク

結婚式のお呼ばれでファーはNG?

結婚式のようなおめでたい席では、
ファーのような「殺生を連想させるもの」はNGとされています。

とはいえ、最近の結婚式ではファーのボレロを着たり、
ファーのバッグをもってきている人がいたり、
花嫁がファー付きのドレスをきていたりすることも珍しくありません。

ショップで販売されていることからも、
最近では若い人を中心に、ファー素材のものもOKとされてきつつある傾向にはあります。

ですが、結婚式には色々な世代の方が参列しますし、普通は避けるべきもの、という考えがまだまだ強いのが現実。

色・時期・襟などの一部分だけ使われている・・・などにかかわらず、ファー素材のものは避けたほうが無難といえます。

結婚式での寒さ対策はどうすれば?

オシャレというより、寒さ対策のためにファーを考えていたんだけど・・・
という場合は、どのように防寒すればいいのでしょうか。

まず、寒い季節の結婚式でも、室内での挙式・披露宴ならば会場は暖房がきいてあたたかいので、特別な寒さ対策はいりません。

行き帰りの移動の際には、暖かいコートなどを着用し、クロークに預けておきましょう。

預けてしまう衣類についているファーに関しては、会場に持ち込むわけではないので気にしなくても大丈夫です。

寒い季節に屋外でのブーケトスやフラワーシャワー、ガーデン挙式がある・・・
という場合は、袖の長いボレロを着て、さらにストールを羽織るか、スパッツを履くなどして寒さ対策を。

スポンサーリンク

室内に入ったときのことを考えて、脱ぎ着できるようにすると良いでしょう。

他にも知っておきたい結婚式での服装マナー

ファー以外にも、気をつけたい結婚式での服装マナーをチェックしておきましょう。

白系ドレス
ウェディグドレスとかぶるのでNG。
淡いベージュやピンクも、白っぽく見えたり、写真で白に見えたりすることがあるので避けたほうが無難です。
ミニ丈ドレス・日中の披露宴での肩出しドレス

露出の多いものは避けましょう。足はもちろん、胸元も要注意。

マナー的には夜の披露宴ならば肩出しドレスはOKなのですが、
実際は夜でも昼のドレスコードで通す(肩出ししていない)ことがほとんどです。

バイカラードレス
ファー同様、受け入れられつつあるものの、
本来、フォーマルの基本は単色無地とされていますし、
まだまだ浸透しきっていないのが現実です。
黒いドレス
NGではありませんが、全体が黒っぽくならないように注意が必要です。
バッグや靴など、小物を華やかにするなどして工夫しましょう。
ストッキングはベージュ
黒いストッキングを着用している人を見かけることがありますが、基本はベージュです。
網タイツやカラータイツはもちろんNG。
靴はパンプス
つま先やかかとを隠すのが基本マナーです。
ヒールが3センチくらいあると、美しく見えてマナー的にも◎。

まとめ

マナーって面倒くさい!
と思うものの、やはり冠婚葬祭は細かい気遣いが必要となってきます。

花嫁を引き立てつつ、華やかで品のある装いを心がけたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ