子供の弱視の原因は?遺伝するのか・治るのかについて詳しく

子供の弱視の原因

子供の弱視は、何が原因でなるのでしょうか。

遺伝やテレビの見過ぎは関係あるの?
治療用のメガネをかけていれば、いつかは治る?

わが子の症例を交えながら、小児弱視の基本的な情報をまとめました。

スポンサーリンク

子供の弱視の原因は?

生まれたばかりの赤ちゃんの視力は、0.01ほどしかないと言われています。

モノを見ることで脳が刺激されて「見る力」が育っていき、3歳までに視力は0.6~0.8ほどまで発達します。

5歳頃には1.0まで見えるようになり、8歳頃にはほぼ見る力が完成すると言われています。

この、見る力がぐんぐん伸びる時期に何らかの原因(斜視や遠視・乱視など)でものをくっきり・はっきり見ることが妨げられると、眼自体にはなにも問題がないのに、脳の見る力が育たなかったことが原因で、メガネやコンタクトで視力を矯正しても視力が上がらなくなってしまいます。

目で見たものを脳がうまく認識できないので、いくらレンズの度を強くしても、ぼんやりとしかモノを見ることができません。

この、視力の発達が遅れた状態が弱視です。

上記の通り、8歳ごろまでには見る力がほぼほぼ完成されてしまいます。

早めに発見して治療をはじめるのが、視力を育てるためにとても重要になります。

8歳を過ぎていても、目の成長には個人差があるので、あきらめずに訓練することで視力が伸びることも。

治療法としては、治療用のメガネをかけることが多いです。
左右の視力に大きく差がある場合は、視力が良い方の目にアイパッチをして、視力が悪い方の目の視力発達を促します。

⇒娘の場合・・・
ちなみに、娘は遠視性乱視による弱視という診断を受けています。(屈折性弱視)。

遠視:目から入った光が、網膜より後方で結ばれる状態。(本来は網膜上で結ばれます。)
遠視というと、近視の逆で遠くがよく見えそうなイメージですが、遠くを見るときには普通よりも目の筋肉・毛様体筋を使うことになるので、目が疲れやすくなります。
また、近くを見るときも視界がボヤけます。

乱視:角膜や水晶体の歪みによって起こります。(一般的な乱視は角膜の歪みがほとんど。)
どこにもピントが合っていない状態で、二重に見えたり、ぼやけて見えたりします。

スポンサーリンク

こどもの弱視は遺伝するのか?

目の病気によって生じた弱視(社会的弱視)は遺伝するものがありますが、脳の「見る力」がうまく育たないことが原因で生じた弱視(医学的弱視)が遺伝するのかどうかははっきりしていません。

私(母親)が近視なので、娘が弱視の診断を受けたときは弱視についての知識がゼロだったこともあって「私のせいで目が悪くなった!?」と思いましたが、そういうわけではなさそうです。

ちなみに、眼鏡で矯正できないくらいの強い近視は、遺伝すると考えられています。

また、テレビの見すぎ・ゲームのやりすぎは目を疲れさせるのでよくありませんが、目を酷使したからと言って弱視になるわけではありません。

むしろ、訓練のために適度な時間ゲームをするようにお医者さんから勧められることもあります。

子供の弱視って治るの?

視力が発達しやすい8歳ごろまでに適切な治療・訓練をすれば、ほとんどが快方に向かいます。

弱視だと、眼鏡をかけても最初のうちは視力がほとんど変わりません。

ですが、毎日、毎時間眼鏡をかけ続けることで、少しずつ矯正視力が出てくるようになります。

脳がクッキリ、はっきりとした正しい映像を認識できるようになり、成長とともに遠視が弱くなれば、眼鏡をはずせる場合もあるとのこと。

ですが、基本的に長期の治療が必要となるので、しばらく(もしくはずっと)眼鏡をかけることもあると考えて、気長に構えることが大切です。

子供の弱視の原因さいごに

こどもの弱視の多くは、斜視や遠視・乱視などの何らかの原因で脳の「モノを見る力」が正常に発達しないことによって起こります。

幼児期に眼鏡をかけてクッキリ・ハッキリとした映像を脳に送り続けることで、弱視を改善することが期待されます。

親としては、小さなうちからメガネをかけさせるのに抵抗がありますよね。

でも、メガネで「しっかり見る」ことを脳やカラダに刷り込ませることが、子供の目の発達を促します。

今は子供用のメガネも大人同様に、オシャレなデザインのものがたくさん。

親が「メガネなんて・・・」と思うと子供にもそれが伝わってしまいがち。

眼鏡をかけることを親も、子供も嫌がらずに弱視の治療をしていくことが大切なんじゃないかと思っていいます。

子供が弱視と診断された経緯

↓↓↓
ウソ・・・うちの子が弱視!?眼鏡の費用これだけかかりました(;・∀・)

も参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
サブコンテンツ