腸内フローラとは?チェック方法と改善するためのポイント

腸内フローラ

いま話題の腸内フローラ。腸内フローラの詳しいお話と、自分がエクオールを作れるのかどうかの簡単なチェック方法、腸内フローラの整え方をお伝えします。

スポンサーリンク

腸内フローラとは一体なに?

私たち人間のからだは、菌の集まりであるフローラで守られています。

菌と聞くと、ばい菌や風邪菌など、体にとって悪いものをイメージしがち。

ですが、病気や肥満を防いでくれたり、必要な栄養素を与えてくれたりと、人間に害を及ぼさない細菌=共存菌もいるのです。

腸内フローラを整えると、

  • 太りにくくなる
  • お通じがよくなる
  • ストレスに強くなる
  • 免疫力を高め、病気になりにくくなる

など、からだに嬉しい影響がたくさんあるといわれています。

1000種類以上、100兆個という膨大な数の菌で構成される腸内フローラ。

良い腸内フローラは体にプラスの影響がありますが、腸内フローラが乱れると、体に悪影響を及ぼしかねない代謝物質を作るように。

菌のバランスを正常に保つことが美と健康の秘訣と言えます。

いま、特に注目されているのは腸内フローラですが、他にも病原菌の侵入を防ぐ鼻や口のフローラ、外部の刺激からお肌を守る肌のフローラがあります。

腸内フローラに次いで注目されているのがお肌のフローラ。表皮ブドウ球菌やアクネ桿菌、マラセチア菌などで構成されています。

アクネ菌というとニキビの原因になる、というイメージですが、バランスさえ整っていればお肌にいい影響をあたえてくれるのです。

お肌のフローラを整えると、ニキビや湿疹などの肌トラブルに強い肌になったり、潤いのあるツヤ肌になったり。

美肌菌と呼ぶべき菌も見つかっていて、これからさらに研究が進むことに期待が寄せられています。

腸内フローラが整っているかどうかのチェック方法

腸内フローラが整っているかどうかは、まず、便秘をしていないかで判断することができます。

いつもスッキリ、毎日快便の人と比べると、便秘がちな人の腸内フローラは乱れている傾向に。

スポンサーリンク

毎日お通じがあっても、スルッと出ないと腸内フローラが整っていない可能性があります。

他にも、ストレスフルな生活をおくっていたり、夜遅くに食べるなど食生活が乱れていると、腸内フローラが乱れている可能性が。

腸内にいる細菌の割合を知るためのサービスには、「マイキンソー」があります。

また、今後開始予定のサービスには「AμB(オーブ)」、「メタジェン」等があります。

腸内フローラを改善するためのポイント

腸内フローラを整えるには、菌を育てることが必要です。

まず、一番見直したいのが「食べ物」。食事に野菜やフルーツが不足しているようであれば、増やすようにしましょう。

腸内フローラのほとんどは大腸にいます。胃や小腸で消化・吸収されない食物繊維は、細菌のエサに。

食物繊維、とくにアボカド・オクラ・海藻などに含まれる水溶性の食物繊維を積極的に摂ることで、善玉菌を増やすことができます。

また、納豆やキムチ、ヨーグルトなどを食べて、乳酸菌やビフィズス菌を腸に送りこむのも効果的。

日常的に食べ続けていくことで、腸内環境が整っていきます。

食生活に気をつけていても便秘がちな人は、ウォーキングなどの運動や腸のマッサージでお通じをよくすると◎。

便秘を解消することで善玉菌が増え、腸内フローラを整えることができます。

腸内フローラまとめ

女性ホルモンに似た物質、エクオールをだす腸内細菌についても注目されています。

更年期障害やシワなど、女性の美と健康にも関わっていることで、テレビなどメディアでも話題になっていますね。

腸内フローラを整えるには、まずは野菜やフルーツを積極的に摂り、食生活を改善させること。

そして、便秘がちな人は運動やマッサージを取り入れ、便秘を解消させること。

便秘は腸内フローラにとってだけでなく、体にとって良いことはありません。

腸内フローラという言葉は新しいですが、健康のためにすることはやはりバランスの取れた食事と運動が基本。

腸内フローラをはじめとしたフローラの新たな情報に期待しつつ、健康な体づくりに励みましょう♪

スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ